綺麗な家は上手な収納から!散らかりやすいスポットの収納術

掃除をしていてもなかなか家の中がきれいにならずに困っている方や、家の中に物があふれており掃除をするのが一苦労だという方は多いですが、そのような方は、まずは特に散らかりやすい場所の収納術を見直してみてはいかがでしょうか。

物が多くてどうしても散らかりやすい場所は、収納術を工夫することによって、よりシンプルにすっきりとした見た目にすることができるので、それだけでお部屋の雰囲気も変えることができます。特に、多くの人が散らかりやすい場所と感じているクローゼットとキッチン、リビングと玄関と庭について、お勧めの収納術をご紹介させていただきます。

ハンガーとまつぼっくり

まずクローゼットの中ですが、中にはハンガーをかけるスペースが足りていないご家庭もあるかと思いますが、そのような場合に有用なのが、つりさげスペースを2段にすることができるつりさげハンガーです。つりさげハンガーをクローゼットに設置することにより、ハンガーをかけることができるスペースが一気に2倍になりますし、コートやワンピースなど丈の長い洋服は下げられませんが、シャツやカットソーなど丈の短い洋服を大量に収納することができます。

続いて、料理道具や洗ったあとのお皿などが散らかりやすいキッチンですが、特に最近流行しているアイランドキッチンやカウンターキッチンではキッチン上の棚が少ない場合も多く、収納に困っているというご家庭も多いです。そこで活躍するのが、キッチン用のステンレスラックであり、それぞれのキッチンの形状に合わせて突っ張りで固定するタイプやシンクの上に渡して使用するタイプなどの購入をお勧めします。ステンレス素材であれば衛生的に使用することができ、耐久性も申し分がありません。洗い物を置くのも良いですし、よく使用する料理道具の収納にも役立ちます。

そして、リビングの収納術としてはいろいろなアイテムがありますが、壁面収納が圧倒的に多くの物を収納できるのでお勧めです。玄関に溢れがちな靴箱に入りきらない靴は、別途シューズラックを購入して縦に積み上げて収納することで、より玄関をスッキリと見せることができます。

最後に、見落としがちな庭の収納術ですが、ガーデニング道具や車のお手入れ用の道具などが散らかりやすいご家庭では、屋内物置を設置するのがおすすめです。このように、それぞれの場所に応じて様々な収納術があるので、散らかりやすい場所について参考にしてみてはいかがでしょうか。