綺麗な家は上手な収納から!散らかりやすいスポットの収納術

そろそろ交換の時期!タイヤを保管する上手な方法

冬場に使用したスタッドレスタイヤを来年まで保管する場合や、ノーマルタイヤを冬場の間だけはずして保管する場合、正しいタイヤの保管方法を知らずに間違った方法で手入れをしたり保管したりしている方は意外と多いです。タイヤは頑丈に見えて実は繊細な素材でできているため、誤った方法で保管していると劣化を招きますし、来年以降使えなくなってしまう可能性もあります。そこで、正しいタイヤの保管方法と保管場所について解説させていただきます。

まずは、当然のことながら汚れたままのタイヤをそのまま放置すると汚れがこびりついて落ちにくくなりますし、タイヤの色あせや変質を招いてしまうこともあるので、必ず長期保管の前には汚れを落とすようにしましょう。汚れを落とす際には、それほど特別な道具は必要なく、通常の汚れであれば水で洗い流すだけで大抵落とすことができます。ゴムの隙間部分には特に汚れがこびりつきやすいので、ブラシを使用してしっかりと洗浄することが大切です。

汚れを落とした後には濡れたままにせず、必ず風通しの良いところで乾燥させるべきです。ゴムは濡れたままにしておくと劣化しやすい素材なので、少し手間に感じる方も多いかと思いますが、乾燥はしっかりと行いましょう。また、保管するときにタイヤにワックスなどの塗料を塗ることは避けるべきで、ワックスなどの化学物質はタイヤ自体の成分と化学反応を起こしてゴムの劣化を導くことがあるので注意が必要です。汚れがどうしても気になる場合にはワックスではなくタイヤカバーなどを活用するのがおすすめです。

そして、汚れの洗浄が終わって乾燥までお手入れが完了したタイヤは、高温多湿を避けることのできる倉庫や物置などの日陰に保管しましょう。じめじめとした高温多湿の環境はゴムの劣化を早めてしまうため、風通しの良い場所が適切であり、特に地面に直接置いたり低い場所に置いたりすると地面からの湿気の影響を受けやすいため、専用のタイヤラックなどを用いて高い場所に保管するのが適切です。タイヤラックは4,000円から5,000円程度と比較的手ごろな値段で購入できますし、タイヤを縦に収納することができるので、次に使用する際に取り出すのも簡単で便利です。このように、タイヤの保管方法にはいくつか気を付けるべきポイントがあるので、かならず正しい方法で保管することを心がけ、来年以降も長く使い続けることができるようにしましょう。