綺麗な家は上手な収納から!散らかりやすいスポットの収納術

キッチンを片付ければ家事の効率もアップ!ポイントは家事動線

綺麗なキッチン

主婦や自炊をする人にとって、毎日の料理は家事の中でも特に時間がかかって大変な部分ではありますが、キッチンが散らかっていたり使いにくかったりすると、余計に料理をするのが億劫になってしまうという人も多いことと思います。キッチンは単純に物を少なくしたりスペースを多く確保したりすればよいというだけではなく、家事動線を意識した収納が非常に大事なポイントです。そこで、家事動線を意識した収納を実現するためには、キッチンのそれぞれの部分に具体的にどのような物をしまっておくのが良いのかを解説させていただきます。

まずは、作業台下のスペースですが、こちらは多くの場合、食材を切ったり混ぜたり下処理を行ったりするのに活用するスペースなので、その際に使用頻度の高いアイテムを集中的に配置するべきです。具体的には食材を切るのに使用するまな板や包丁やナイフ、食材用のハサミなどに加えてサランラップやアルミホイル、クッキングシートやキッチンペーパーなどの小物類も合わせて収納するのが良いでしょう。また、フードプロセッサーやジューサー、みじん切り器やハンドミキサーなどの電化製品も作業台下に格納するのが効率的です。

続いて、コンロ下にはコンロで特に使用する頻度の高い鍋やヤカン類を中心に格納しましょう。鍋は特にかさばることが多く、収納に困っている方も多いですが、単純にコンロ下に平置きしてしまうと、すぐにコンロ下のスペースはいっぱいになってしまうので工夫が必要です。例えば、簡易的なワイヤーラックを設置すればコンロ下を2段に分けて活用することができるので、置くことができる鍋の数は増えますし、ファイルケースや仕切り板などを活用して鍋を縦向きに格納するようにすれば、よりスペースを効率よく活用できます。

最後にシンク下のスペースですが、こちらには洗い物に使用するスポンジやたわし、食器用洗剤や除菌スプレーなどをストックします。また、忘れがちではありますが、野菜などを洗うのに使用するザルやボール類もシンク下にあらかじめしまっておくことで、必要な時に素早く取り出すことができてお勧めです。

シンク下も、コンロ下と同様にワイヤーラックなどを使用してスペースを有効に活用するとよりたくさんの物を収納できるでしょう。このように、家事動線を考慮した収納を心がけることで、キッチンがすっきりと見えるだけではなく、家事の効率も向上させることができるのでおすすめです。