綺麗な家は上手な収納から!散らかりやすいスポットの収納術

何処においていいかわからないガーデニング用品を救う方法

庭でガーデニングをするのが趣味という方は多いですが、ガーデニング用品は案外かさばるものが多かったり、種類が多かったりするので収納に困る場合も多いでしょう。
スッキリ収納させたくても、まずはどこにしまったら良いのかよくわからないという場合には行き場のないガーデニング用品が庭に散乱してしまうことになってしまいます。
そこで、どこに置いたら良いのかよくわからないガーデニング用品をスッキリと収納させて、せっかくガーデニングを施した庭をよりきれいに見せるための、収納アイデアをいくつかご紹介させていただきます。

まず、スコップなどの大きいガーデニング用品がある場合には、できる限り屋外に収納庫などを設置するのがおすすめです。
スコップなどの金属製の製品は雨ざらしにしていると錆びてしまい劣化の原因にもなるので、雨の日にも濡れない場所に格納する方が無難です。
屋外にトランクルームがある家でしたらそのスペースを活用するのもよいですし、もしスペースが無い場合には別売りの簡易的な屋外物置を購入するのが良いでしょう。
ネット上には屋外物置のサイトもあるため、しっかりと一度調べてみることをオススメします。

一方で、鉢植えやじょうろなどの小物のガーデニング用品は、数が増えがちで気が付いたら置く場所が無くなっていたというパターンが多いかと思いますが、こちらは小型物置を活用するとすっきり収納することができます。
スコップなどの大型のガーデニング用品とは違い、それほど大きな物置ではなくても良いので、小型物置として簡易的なウッドラックなどを活用するのはいかがでしょうか。

鉢植えやじょうろなどは雨ざらしでも大丈夫なので、隠さずにあえて見せるように収納することで、より庭をおしゃれな空間として演出することができますし、必要な時にすぐに取り出すことができるのがメリットです。
DIYが得意という方であれば、板やクギを使用して簡易的なラックを作成して、より手作り感あふれるアットホームな庭を完成させることもできます。

このように、庭における収納の際は、大きくて雨をしのげる場所に収納すべきスコップなどのガーデニング用品と、あえて見せることでおしゃれな庭を演出することができるガーデニング用品とで分類して片づけるのがおすすめです。
せっかくガーデニングで自分の家の庭にキレイなお花や植木を植えるのであれば、散らかったガーデニング用品でそのイメージを壊してしまわないように、ガーデニング用品もおしゃれに賢く収納してより魅了的な庭を完成させましょう。