綺麗な家は上手な収納から!散らかりやすいスポットの収納術

家族が集まるリビングは散らかりがち・・・そんな時はジャンル分けをした片付けを!

綺麗なリビング

家の中でも特に家族が多くの時間を過ごすリビングは、どうしても物が増えがちで散らかってしまうことが多いですが、来客などの際に一番きれいにしておきたい部分でもあります。そこで、リビングの大量のものをスッキリと収納するためのポイントや便利なアイテムをいくつかご紹介させていただきます。

まず最近特に人気が出てきているリビングの収納グッズとして、シアター壁面収納というアイテムがあり、このシアター壁面収納はリビングの壁際に全面的に設置する大きな棚のことで、テレビを含めた多くの小物類を収納することが可能です。シアター壁面収納が1つあるだけで、かなりの量の小物をしまうことができるので、非常に便利ですし、大量の収納棚であるにもかかわらず壁面に設置するため部屋全体への圧迫感や部屋を狭くしてしまうことがないのが特徴です。特に、テレビ置き場以外の棚の部分には扉が付いているタイプのものであれば、中身を全て隠すことができるので、より部屋全体をスッキリした印象に保つことができます。

シアター壁面収納が1つあればかなりのものが片付きますが、それでも足りないという方は適宜カラーボックスやウッドラックなどの小さ目の収納アイテムを追加して組み合わせて使用するのがおすすめです。カラーボックスやウッドラックはシアター壁面収納の色合いと合うものを選ぶことで、より統一感のあるリビングになります。

そして片づけをする際にポイントとして押さえておくべきなのが、アイテムはできる限りジャンル別に収納するということです。シアター壁面収納にはテレビを設置するため、もちろんテレビ関連の機器やDVDなどを収納するのが良いですし、カラーボックスの中にはかさばるものや普段は隠しておきたいものなどを格納し、ウッドラックには逆にすぐに取り出したい良く使うものをしまっておくと良いでしょう。

このように、リビングの物の収納にはシアター壁面収納を中心に活用し、必要に応じてカラーボックスやウッドラックなどを追加で併用して利用するのがおすすめです。そして、普段隠しておきたいものやあまり使用しないものと、良く使用するのですぐに取り出せる場所に置いておきたいものを区別し、ジャンル別に収納するとより便利なリビングを完成させることができます。片づけるときにジャンル別に収納することを忘れてしまうと、せっかくきれいに片づけた後なのに色々な収納アイテムを開けて物を探さなければならなくなってしまうので、注意しましょう。