綺麗な家は上手な収納から!散らかりやすいスポットの収納術

衣服であふれるクローゼットは引き出し式の衣装ケースを使う

ハンガーにかかっている服

クローゼットの中はどうしても不要な物を次々と入れてしまい、衣類が散らかってしまうことが多いスペースではありますが、そのような場合に役立つクローゼットの整理方法のコツをいくつかご紹介させていただきます。

まず、クローゼットの中身を整理するための強力な味方であるのが引き出し衣装ケースであり、引き出し衣装ケースをうまく活用することでよりすっきりと衣服をしまうことが可能です。引き出し衣装ケースの中にも様々なタイプのものが販売されていますので、クローゼットの高さや置くことができるサイズをあらかじめ測定してからそれにぴったりのサイズを購入することで、より無駄なく限られたスペースを有効に活用できます。

大きさをはかるのが面倒だという方や、季節に応じて中身を気軽に入れ替えたいというような方には、複数段になっている引き出し衣装ケースではなく、カラーボックスのような形で1段ごとに組み合わせることができるタイプの衣装ケースもおすすめです。カラーボックスのタイプであれば、クローゼットの形状に合わせて自由自在に高さと幅を調整することができますし、衣替えの際には中身をそのまま外に出して、いま外に出ている衣装ケースと交換するという使用方法もできます。

そして、引き出し衣装ケースの中身も単純に衣服を詰めていくと乱雑になってしまいがちなので、仕切り板をうまく活用するのが良いでしょう。特に下着類や靴下などの小物は仕切りを使用しないと混ざってバラバラになってしまうことがあるので注意が必要です。仕切りには専用のアイテムを購入するのももちろん良いですが、自宅にあるティッシュ箱など不要な空き箱などを有効活用して代用することもできます。

また、クローゼットにはこれ以上ハンガーをかける場所がないが、たたまずに収納したい衣服が沢山あるという方には、ハンガーラックの購入がおすすめです。ハンガーラックの中でも、特に高さや幅を調整できるタイプですと、よりクローゼットのサイズに合わせてピッタリの高さと幅に調整可能ですし、汎用性が高いので長く使用することができます。

さらに、1段になっているタイプよりも2段になっているタイプのハンガーラックを使用することにより、一気に2倍の衣服をかけることができるようになるので、より少ないスペースで大量の衣服を収納することができ、便利です。このように、クローゼットの中身を整理するアイデアはいくつもあるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。