綺麗な家は上手な収納から!散らかりやすいスポットの収納術

靴や傘が多い玄関をすっきりさせるにはどうすればいいの?

綺麗な玄関

家の玄関は、特に家族が多い人やおしゃれな人ほど靴や傘が多くなってしまいがちで、もともと備え付けられている収納だけでは足りずに散らかってしまうという方が多い部分です。そこで、玄関が散らかって困っているという方のために、限られたスペースをより有効に活用することで、玄関をすっきりと見せることができる収納のコツをご紹介させていただきます。

まず、最近人気がでてきている便利な収納グッズとして、シューズホルダーというグッズがあります。シューズホルダーという言葉はあまり聞きなじみが無いという方が多いかと思いますが、このアイテムは2段の構造になっており、1足の靴を上下に格納することができる画期的なアイテムです。通常はシューズボックス内に靴を入れるときは、1足につき両足分の面積をとってしまうことになりますが、このシューズホルダーに靴を格納してからシューズホルダーごとシューズボックスへと格納することで、片足分のスペースで1足を収納することが可能になります。したがって、シューズホルダーをたくさん用意することで、最大でこれまで入れていた数の2倍もの靴をシューズボックス内にしまうことができ、一気に玄関スペースを確保することができます。

このように、シューズホルダーを使用するだけでもかなりの収納スペースが確保できますが、それでも足りないという方にお勧めなのがシューズラックです。シューズラックは、シューズボックスには入りきらなかった靴の収納に適しており、玄関の壁際に設置して、上に靴を積み上げて収納することでかなりの数を保管することが可能です。よりたくさんのシューズを置きたいという方には、ラック式のものより突っ張り棒式のものが特におすすめであり、突っ張り棒式のシューズラックであれば、天井の近くまで大量の靴を置くことができます。また、突っ張り棒により安定感が増すので安全に使用することができます。

最後に、傘の収納は傘立てを設置するのが基本にはなりますが、傘立てに入りきらないほど大量の傘を持っている方にお勧めなのが、傘かけの設置です。ハンガーラックのような形状のものを購入するのも良いですし、玄関の壁にタオルハンガーを設置して簡易的な傘かけを作ってしまうのも良いでしょう。傘かけを活用する場合は、傘立てに収納しておくよりも、より高い位置に収納することが可能です。これは乾燥を促すこともできるので、梅雨の時期などにも特におすすめです。